<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

初めにリサイクルありき -(二)ー

 リサイクルしてはいけない(武田邦彦 著 青春出版社発行)という本の表題に疑問を呈し、「第2章 大切な“遺産”をどんどん食いつぶす再生紙」に限っての検証を続けましょう。この章では二つ目の項が、 「森林で紙に使用されているのはわずか3%」 という見出しになっています。紙のもとになる世界の森林について、先進国と熱帯雨林などを抱える開発途上国とでは、その利用の仕方が異なるとし、「開発途上国の森林で紙に使われるのはわずか3%です。」というわけです。勿論異なる利用の仕方はきちんと述べられていますが、問題は、「利用」される先進国の森林と開発途上国の森林は全く異なる類のものであることを、明確に指摘していない点であります。つまり先進国で利用される森林は、その殆どが一定周期を繰り返し循環再生される「人工林」であるのに対して、開発途上国の森林はその多くが熱帯雨林を含むかけがえのない「自然林」「天然林」であるという極めて重要な分類を外して記述が進めらているのです。
 先進国で利用される森林、「人工林」は建築用製材や製紙用パルプ原料等として有効に使われ再生循環されてはおりますが、調和のとれた生き物たちが住む世界では有りません。使用目的に応じた樹木だけが過密に林立し、木々達の悲鳴が聞こえてきそうな殺伐とした世界であります。この光景は、あたかも巨大な養鶏場で、ただ延々と卵を生み続けるために昼夜を分かたず餌の摂取と排泄だけを繰り返す、何万何十万羽もの鶏達の姿をも連想させられてしまう、悲しい光景でもあります。なるほどCO2の吸収効果はありましょうが、それ以外の環境保全効果は期待出来そうに有りません。又、絶えず人の手入れを受けないと、荒れ果ててしまいます。そして我が国に多い針葉樹の人工林は、近年特に深刻さを増す「花粉症」という健康被害を引き起こす元凶ともなっているのです。
 それに対して、熱帯雨林を含む開発途上国の森林の多くは、種々の生き物達が調和の取れた生活を営む世界、私達が理想とする環境の世界、「自然林、天然林」で占められているのです。そして、これらの貴重な森林は人が利用する為に一度破壊してしまうとその修復は、殆ど不可能に近いものなのです。3%という数字は如何にも少ないように思えてしまいますが決して100坪や1,000坪程度のものではないでしょう。それを「たった3%」という言い方で、切り捨ててしまっていいものでしょうか。
 さらに著者はこの項での結論を「紙の原料として先進国の森林はここ15年間、わずかですが増加しています(15年間で3%ほど増加)。森林が減少しているのは開発途上国ですが(同じく15年間で6%減少)、」として、世界の森林はトータル的に見てわざわざ紙をリサイクルしなくても大丈夫、保たれていると言いたいようでありますが、その背景となっている重要な前提条件をきちんと文言で関連付けて表わさず、別のページ一枚を使い、「日本の木と紙の利用」と題し、さりげなく参考資料として記載しているに過ぎません。
 すなわち、日本の紙は、年間、約3,000万トンが使用されていて、その原料には、1,500万トンもの回収古紙が使用されているという重要な前提条件であります。この、我が国だけでも1,500万トンに上る莫大な量の古紙リサイクルをやめてしまって、木材パルプにその代替を求めたならば、到底、現状として著者が記述している世界の森林状況が成立するとは思えません。もし、この重要な事実を世界の森林の保全状況とリンクさせて述べたならば、「現在、紙のリサイクルが熱心に行われている御かげで森林はかろうじて保全されているに過ぎず、したがって紙のさらなるリサイクル推進により、一層の森林保全を目指すべきである。況や開発途上国で利用されている熱帯雨林を含む貴重な森林の内、紙に使われている3%もの利用は止めるべき方向にもっていかなければならない。そして、先進国の人口林は無計画に増やすべきではない。それよりも、我が国の「里山」に見られるように、言わば、絶滅の危機に瀕している鳥や獣達の種を保存するような慎重さで、自然林を育てる努力をしなければならない」。と結論付ける事になった筈であります。
 
[PR]

by morinonusi | 2008-05-29 17:18 | Comments(0)  

初めにリサイクルありき

 昨年のいつ頃からだったろうか、絶えず気に掛って心の片隅にわだかまり、残り続けて来た疑問がありました。武田邦彦さんが著した本が冠している、「リサイクルしてはいけない」(青春出版社)と言う表題の事であります。新聞広告で知ったのか、知人から聞いたのか、記憶は定かで無いのですが、とにもかくにも、環境問題が深刻な今の時代には、考えられない主張でもあり、気にしなくても何れ誰かが、或いは著者ご本人かが、この提言、主張は的を得ていなかった旨のコメントなり、文書なりを公にして下さるものと思っておりまた。しかるに、一部、この主張に対する反論らしきものが見受けられはするものの、むしろ、この本が話題になってきている事へのいらだちと疑問の念であります。
 そこで、とうとうこの本を手に取って読んで見なければならなくなってしまいました。読みながら、そして一部を読み終わって、結論から言ってしまいますと、「やれやれ安心!今までの取り組みに間違いは無かった!、やはりこの表題は全く的を得ていない!今の時代にそぐわない!環境問題に真面目に取り組んでいる善良な人々を惑わし、間違った方向へと導いてしまう内容の提言である。」と確信するに至った次第であります。
  「森の守人」としては、その性格上、この著書の「第2章 大切な“遺産”をどんどん食いつぶす再生紙」、の部分に限り、論じさせて頂く事へのお許しを得て、以下にこの章の各項目ごとに検証を試みさせて頂く事にしましょう。
 この章の最初に著者は、地球上に在る資源の内、石油や石炭、鉄鉱石のように蓄積され固定されたものを「遺産」型、草木や魚のように太陽の恵みを源として生々流転、循環するものを「月給」又は、「売り上げ」型の資源と、解り易く大別した上、せっかく「月給」型の資源があるのに「遺産」型の資源を使用して紙をリサイクルすると言う矛盾、といった言い回しで、紙をリサイクルする行為は、あたかも「毎月の売り上げを取りにもいかずに、隣の銀行で貯金を下ろす方が簡単だ」とばかりに、つまり「月給」型の資源をきちんと使わず、「遺産」型の資源を無駄に使用しているかの様な印象を読者に与えてしまう記述をされていますが、これは実に危うい言い回しであります。何故なら、ここで言う所の「月給」型資源、つまり森は、使わずに貯めれば貯めるほど、極言すれば、地球上を覆い尽くす程に「貯めても」、今や益こそあれ害はない資源であるという事、そして、隣の銀行にある貯金については、「月給」を使わずに節約して貯めたものも、「遺産」を原資とした貯金とは別にある筈なのに、それ等を省略してしまっているのです。紙のリサイクルは、「月給」をより多く貯金にまわす為に行っているのだという事実を、矛盾という言い方で簡単に否定してしまった。言わなければならなかったのは、紙のリサイクルで「月給」型資源、つまり森を、紙を造る為の、手入れをしないと健全な維持が出来ない人工林としてでは無く、自然環境を取り戻す為に100年以上先を見据えた「自然の森」として貯金し、問題は、紙のリサイクルに使う「遺産」型資源の使用量を如何に少なくするかに努力を傾注しなければならない。という事であったのです。
 高度にレベルアップされた紙のリサイクルは、その事により、地球上を覆い尽くすばかりに貯められた、人工林ではない真に価値ある本来の森、「自然の森」という「月給」型資源が吸収するCO2により、リサイクルの過程で発生するCO2の相当量を相殺しながら、遂行する事が出来る様になるでしょう。又、人工林の間伐材や建築廃材は、パルプ原料にまわされる事を免れ、バイオエタノールに再生、石油に代わるエネルギー源としての燃焼により、CO2に戻され、このCO2は、又、木に吸収固定されるという、本来あるべき正規のリサイクルルートに乗せられるようにもなる事でしょう。 CO2の削減は、地球の温暖化を防ぎます。
 紙の製造と環境問題について、著者は、冒頭より、「初めにリサイクルありき」という、環境問題を改善する為には避けて通る事が出来ない原則に対して、「逆転の発想」的アプローチを、慎むべきでありました。
 次回からは、次の項へと進んでさらに詳しく、この本の表題への検証を行って見たいと思っております。
[PR]

by morinonusi | 2008-05-09 20:50 | Comments(0)