人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ホームページ更新

 株式会社アライの森は、このほどホームページの更新を完了した。更新前のホームページは、立ち上げてから10年近い歳月が経過し、その内容に会社実像と若干のずれが生じ、懸案となっていただけに新井社長以下、一同まずはホッとした所である。
 更新完了日時は、平成19年10月17日午後5時前。いざ新しいページがネット上に公開されると、今度はその成否について、閲覧して下さる方々の反応が気になり、不安な気分にさえ、させられてしまう。安堵と不安が交錯する状況下の数日後、10月23日15時02分!更新ページに新しく設けた「お問い合わせ」から、シュレッダーした紙のリサイクルについてのご質問メールを頂戴した。担当者は勿論のこと、新井社長も大喜びであった。
 このようなデリバリーを生かしつつ、今後は常にホームページの充実に心がけ、それが、社業発展の一助となる事を願い、株式会社アライの森、古紙ドライブスルーユーカリ関係者一同は今日も各々、担当業務に明るく精一杯励んでいる。
ホームページ更新_f0139292_1521743.jpg

# by morinonusi | 2007-10-27 16:51 | Comments(0)  

道標

 江戸時代、それは、我が国に於いて、循環型社会が熟成の時を迎えた時代でもありました。
今、それを振り返っても、時の流れは、私達に、溯る事を許してはくれません。
 しかし、私達は、未来にアレンジした過去を創り出す事は出来る。
 そう信じて、古紙リサイクル関連総合企業、株式会社アライの森は、歩み続ける事でしょう。
道標_f0139292_1949171.jpg

# by morinonusi | 2007-07-27 15:22 | Comments(0)  

株式会社アライの森

 京都府最南端のまち、木津川市で古紙卸売業を営む株式会社アライの森、この会社の社名はもともと株式会社新井商店という業界によくありがちな、一般的なものだった。その社名変更には次のような由来がある。
 あるとき、大手製紙会社の社長が新しい工場の立地を、本社工場から遠く離れた首都圏の近くに選んだ事がある。そしてその理由の一つとして、彼の社長曰く、「原料として使用する古紙が大量に発生する大都市は、製紙会社にとって大きな森林として見ることができる」と。この事が業界紙に大きく掲載され、当時、株式会社新井商店の社長はこの記事を新鮮な思いで読んでいた。数日後、彼は大手取引先段ボール製造会社の社長から話を聞く機会を得、そのなかで偶然この記事に話題が移った時、彼は思わずこう言った「なるほど古紙を木と見るなら、うちの会社には、古紙が山と積んであって、あまり見栄えも良くないと思っていましたが、ひるがえって“緑滴る美しい森”と見ることが出来るのですね!」と、そして二人は笑った。
 帰路、車を運転しながら彼はひとりつぶやくことになる。(うーんそうか、オレの会社・・・600坪ほどの小さなヤードやけど・・・古紙がいっぱい積んであって・・・それが森か!緑したたる森やったんか!そうや、間違い無い!循環型社会の実現を求めている現代にあっては、オレの会社は今、社会が必要としている森なんや!緑したたる森なんや!そうや、それやったら社名を変えよう、“森”をイメージする社名に変えよう!)そして彼の頭の中でめまぐるしくアレンジが施され、帰社して車を降りるまでに“株式会社アライの森”という社名は誕生していた。
 そしてさらに、社名変更への決断を勇気づける一編の詩に彼は出会うことになる。通称“どろ亀さん”こと、高橋延清著“詩集 どろ亀さんー森の生きものたちと共作の詩”におさめられている、「森の世界」という詩である。前述の内容と、この詩の啓示によって生まれたとも言える社名、「株式会社アライの森」はその社名そのものがこの会社の経営理念を示し、社是を定めた、と言える事を確信し、彼は決断した。時に平成9年2月吉日の事であった。
 ここに、詩「森の世界」の一部を紹介しておこう。愛と美と勇気そして真実への讃歌として。
“もりには 何一つ無駄がない ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 調和の世界だ 森には 美もあり 愛もある はげしい闘いもある だが ウソがない。”
株式会社アライの森_f0139292_1957335.jpg
株式会社アライの森_f0139292_202511.jpg

# by morinonusi | 2007-07-13 17:22 | Comments(0)  

偏らない愛

 「リサイクルは愛」と言う理念が示す“愛”の形は、こだわりの無い愛、偏らない愛、中道(決して中途半端とか、どっちつかずとか、中を取った考え方とかをいうのでは無い)の精神に貫かれた愛でなければならない。
 愛する行為についてのこの様な考え方は、大乗仏教経典のエッセンスとも言われる、般若心経の教えにも、通じるところが有るのかも知れない。
偏らない愛_f0139292_22421193.jpg

# by morinonusi | 2007-07-03 18:34 | Comments(0)  

心に残るあの一言

 「やってしもうた失敗は、しゃあないやないか。何とかなるよ。そんなに心配するな。しばらくの間、一から努力続けたら、必ずもとにもどるもんや」。・・・ミスを犯した営業マンの報告に、社長が優しさと、寛容と、リーダーとしての威厳をもった笑みを浮かべながら言った一言、“覆水盆に返らず”の対極をなす言葉として。

 「仕事もある意味、ゲーム感覚でやってますよ。そうでなきゃーあなた、楽しく仕事が出来ませんからね。ハハハハハ」。・・・・東証一部上場会社の代表取締役専務の一言。なにか、ホッと肩の力を抜く事が出来る気がした。

 「現場で社員と一緒に汗を流すのもいいけどね。現場という字は、分解したらあんた、王が見る場やからね。そこんとこ、わりと大事な事とちゃうんかなー」・・・・現場を大切にする社長を諭すように、親しい社長が、アドバイスとして言った一言。

 折につけ思い出す一言ではある。
心に残るあの一言_f0139292_19513841.jpg

# by morinonusi | 2007-06-29 02:06 | Comments(0)